読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねくろんのボードゲーム日記

主にイエローサブマリン名古屋店で毎週開かれているボードゲーム会を中心に、ボードゲーム関係の出来事を綴る日記です。

アン・ギャルドとかペク-ニアとか(6/18)

ストライク アン・ギャルド ペク-ニア

いつものようにイエサブで時間つぶしてたら、人数が集まったのでボドゲ

 

ストライク / Strike

f:id:necron:20140620104851j:plain

とりあえず周りに声をかける。

ボドゲやらない?」

「うーん、TCGもやりたいからどっちからやるべきか……。」

「このゲームは10分くらいで終わるよw」

ということで4人でプレイ。まずはインストですが、

「xが出たり、ダイスがトレイの外に出たら没収。」

「同じ目が揃えば回収して、手番が次に。」

「最後までダイス残ってた人の勝ち。」

おおまかにはこんな感じ。簡単ですね。

 

2回プレイしましたが、2回とも勝利。この日は運が良かったようで。

 

アン・ギャルド / En Garde

f:id:necron:20140620110255j:plain

2人抜けておっちゃん氏と2人に。

「ちょっとフェンシング買ってきます!」

と突然商品売場にむかうおっちゃん氏。どうやらアン・ギャルドに興味津々だった模様。

 

クニツィア先生のフェンシングを題材とした2人用ゲームですね。

 

説明書を読むとルールが3つに分かれている。まずは基本ルールでやってみることに。基本ルールでは攻撃を防御できないので、攻撃したほうが勝ちという簡単ルール。何これ示現流の戦いか何かですか?

 

うん、何か物足りないね。って事ですぐに標準ルールに。

 

標準ルールでは防御ができるようになって、より読み合いが楽しくなったのですが、間合いをジリジリ詰めていく様はやはりフェンシングというより剣道に近いかも。

 

一応5ポイント先取まで遊んだ後、いよいよ完全ルールで遊びます。

 

完全ルールでは移動攻撃というのができるようになって、ようやくフェンシングらしいスピード感が出てきました。パッと間合いを詰めて突き合う様はまさにフェンシングそのもの。

 

5ポイント先取まで遊んだ結果、完全ルールが一番面白いという順当な結論になりました。

 

ペク-ニア

f:id:necron:20140620112622j:plain

最後に遊んだのはペク-ニア。主に導かれた迷える仔羊を救済しながらお布施を集めるゲームらしい。

 

4人でプレイ。誰一人未経験なゲームなので説明書見ながらルールを説明しますが、全員はてなマークが浮かんだ状態。とりあえず遊んでみるかと始めてみますが、何やって良いかもよく分からず。

 

数ターン遊んだところでようやく全員ゲームを理解し始めます。あーなるほど、こういう事かー。

 

と、盛り上がったところで時間切れ。閉店時間となったため最後までゲームはできず。

 

これインスト難しいなぁ。1ゲームも長いし、最初は数ターンだけ遊んでみるのが一番かなぁ?