読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねくろんのボードゲーム日記

主にイエローサブマリン名古屋店で毎週開かれているボードゲーム会を中心に、ボードゲーム関係の出来事を綴る日記です。

東海道 他(6/25)

宝石の煌めき ブラックストーリーズ 東海道

仕事休みだったni-to氏がぎょにく氏とイエサブで遊んでいるらしいので、会社帰りにイエサブへ。着いた時はバトルラインやってました。

 

夜から用事のあるぎょにく氏と入れ替わる形でボドゲ

 

宝石の煌めき / Splendor

f:id:necron:20140626110657j:plain

持ち運びが楽なので、プレイ回数多いです。全然勝てませんが……。

 

ni-to氏と2人でプレイ。白を先に集められてしまい、苦しかったです。2人プレイはキープの使い方が本当難しいですよね。折角カットしても山札の一番上からもっと都合の悪いカードが見えたりしますし(^^;

 

2ターン差くらいの負け。

 

東海道 / Tokaido

f:id:necron:20140626111648j:plain

東海道を旅しながら、温泉入ったりお土産買ったり。京都から江戸までを最も満喫したプレーヤーが勝利。そんなゲーム。

 

手番になったら自分の駒を江戸方面へ進めます。この時何マス進めても構いません(ただし宿屋では強制停止)。止まったマスの種類によって温泉に入ったり景色を楽しんだり、お土産を買ったりして得点を得ます。

 

次の手番は江戸から一番遠いプレーヤーとなります。したがって同じプレーヤーが連続して手番となることもあります。どのマスに止まっても得点となるのでできるだけゆっくり進む方が有利なんだけど、強制停止となる宿屋マスだけは早く到着した方が有利。このジレンマがもどかしい。

 

とはいえあまり考えずに適当にプレイしてもそれなりに点数が入るうえ、めくられるカードの運が結構影響するので、あんまりガチなゲームという印象はありません。

 

おっちゃん氏が登場したので3人でプレイ。

 

序盤はおっちゃん氏が土産物をすごい勢いで買い込んでトップを走るもの、途中で資金が尽きて失速。神社で賽銭しながら温泉と景観を楽しんでた私が逆転勝利。

 

ブラックストーリーズ:50の"黒い"物語

ni-to氏の要望でブラックストーリーズ。

 

このゲーム1行しか書いてないお題の難易度が半端無いんだよね……。

 

全部で4話ほど遊びましたが最後のお題だけは回答できず……無念。

 

 

「次はShogun(将軍)遊びたいねぇ」「いやイエサブじゃ無理だろ」みたいな会話をしつつこの日は終了。